オーネット 予約来館

⇒ 楽天ウェディング

結婚を決めた二人が、家族になることを意識して共同で行うはじめての作業が結婚式の準備。わからないことだらけでちょっぴり不安を感じることもあるでしょう。でも大丈夫。結婚式準備の進め方を楽天ウェディングがポイントを押さえながら解説します。プロポーズから結婚生活のスタートまで、楽しみながら準備を進めましょう!

かんたん結婚式診断をやってみよう!

「まだ具体的に結婚式のイメージがない…」
「どんな式が自分に合っているんだろう?」
そんなあなたに、楽天ウェディングが
おすすめの結婚式をご提案!
します。参考にしてください。

「半数以上の人が3~5件の結婚式場を見学」どうして複数会場へ結婚式場の見学に行ったほうがいいの?

先輩花嫁に聞いた!何会場のブライダルフェア・見学に行きましたか?

1~2会場 31%、3~5会場 55%、6~8会場 9%、8会場以上 5% ※楽天ウェディング調べ(2014年5月~6月)

  • たくさん行くことで相場が分かる!
    色々式場を見たかったので計5会場に行きましたが見積金額を比較できるし相場も分かって来るので、値段交渉もスムーズでした!
  • 希望が叶う場所をえらべる
    こだわりを実現できる会場を探し、7会場行ってみました。少し大変でしたが自分自身の知識も深まるため比較もし易く、絶対にココ!と思える会場に出会えました。
  • ゲストへの思いやりをかたちに
    実際に足を運ぶことで、最初の印象や雰囲気、設備にアクセスにスタッフさんのおもてなしなどチェックすべきポイントに気付けます。いろいろ体験できてヒントがたくさん!

結婚式の費用・相場

結婚式費用の相場は平均で約300~350万円

ご祝儀などを除いた新郎新婦の自己負担額は約100万円

地域や年代によって金額差はあるものの、だいたい70~80人のゲストを招待した場合、300~350万円というのが最近の相場。
「えっ!そんなに貯金ない!」という方も安心してください。すべてを自己資金でまかなっている人はほとんどいません。ゲストの皆様からの「ご祝儀」は結婚式の資金として考えるのが一般的ですし、両親からの援助を受けているカップルも少なくありません。新郎新婦の自己負担額は、平均で約100万円程度のようです。

結婚式費用はどう決まるか?

費用の半分近くを占めるのが会場費と料理代

そのほか、衣装、引出物など様々な要素で合計額が決まる

結婚式費用の多くを占めるのが会場費(スタッフ含む)と料理代。会場費は10~50万円ほどで会場によって異なり、かからない場合もあるようです。料理と飲み物の相場は1人あたり1.8万円前後で、ゲスト70人とすると約125万円。この合計で130~180万円ほどを占めます。

これに、衣装代やブーケ、引出物、撮影など様々な要素が加わり、合計額が決まってきます。内容・金額の異なる数パターンから選べるものも多いので、予算と、どんな式にしたいかを考えながら選んで、組み合わせることになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする