葬式・葬儀費用を抑えた上手な葬儀の出し方

葬式・葬儀費用を抑えた上手な葬儀の出し方

葬儀費用が高い!どうしてなのか?

葬儀について学ぶ機会がない。

葬儀は誰でも喪主になり、主体的に行う可能性のある儀式です。

しかし、葬儀について学ぶ機会はほとんどありません。

「葬儀のやり方がわからずもっと知っておけば良かった」
「葬儀社の言いなりになって余分な費用を払ってしまった」
「心にゆとりがなく、弔問客にお礼すら十分にできなかった」

このような後悔の残る思いはしたくないものです。

心からの本当に良い別れの儀を行いたいものです。

“簡単”な葬儀が増えてきました。

シンプルなことは良いですが、そこに“愛”や“心”がないのはいかがなものかと思います。

葬儀というのは、その方だけでなく縁のあった全ての方々につながる人生における重大事です。

そのことを踏まえ、2つの理由があります。

1つ目は、

葬儀で喪家として何を行うのか?接待の方法は?宗教者へのお礼は?などわかりづらいことが多く

また、葬儀全体の上手な行い方をまとめたわかりやすい情報がほとんどないので、

遺族の方の負担が軽減できるよう、できるだけわかりやすく、上手な葬儀全体の行い方を
様々なポイントを抑えながらお伝えすること

2つ目は、

常に良い葬儀とは何かを考えていますので、どのようにしたら良い葬儀が出せるか

費用が安ければ良いとは思いませんが、とても曖昧な葬儀費用について葬儀費用の抑え方もお伝えしたい

この葬儀のノウハウが1人でも多くの方のためになれば幸いに思います。

良い葬儀社の見分け方

一昔前、葬祭業は、祭壇の貸し出しと棺や葬儀の販売が主な仕事でした。

今でもその名残かどうかわかりませんが、葬儀社の仕事を、レンタル業や物販と考えている会社もあります。

しかし、時代は変わって、葬儀社の目的は、

喪家の思いや故人の社会的地位などのお話を聞いてから、
葬儀のやり方を説明して、滞ることなく葬儀が進行する様に調整すること

このような目的を持ったサービス業だと思うのです。

ですので、打ち合わせの最初から

「祭壇はどうしますか?」などの質問は、葬儀社としてあり得ません。

サービス業と自覚している葬儀社を選ぶことが大切です。

葬儀社の大きさと葬儀社の良し悪しは関係ありません。

葬儀社は人件費が費用の大きなウエイトを占めますので、大きい会社は人が多いので葬儀代は高くなる傾向があります。

小さな葬儀屋さん、お父さんとお母さんでされている様な葬儀屋さんで、素晴らしいなと思うサービスを提供されていると思う葬儀の体験もあります。

そして、見積書も作らずに、とにかく早く葬儀場や火葬場を予約しようとする葬儀社も避けた方が良いでしょう。
後で高額の請求をされることにもなります。

冷静に良い葬儀社を見分けることが良い葬儀を行うことに繋がります。

葬儀費用を抑える方法

葬儀費用というのは、非常に曖昧でわかりづらいものが多いです。

費用を抑える第一歩は、まずは、葬儀費用一式の全体を見積もることです。

葬儀一式費用とは、

1. 基本セット料金(祭壇・葬具品)
2. オプション料金(追加・別料金項目)
3. 火葬料 (骨壺料)
4. 式場費用(式場装飾・管理費・運営費)
5. 接待・飲食費(料理・返礼品)
6. 雑費

葬儀だけでなく、食事やサービスを含めた全ての金額を紙に書いて残しましょう。

全ての料金がセット料金に全て含まれていると思い込み、葬儀後に請求書がきて
驚いたというトラブルが多いようです。

また、葬儀社任せにすると、どうしても余分に費用がかかってしまいます。

このような基本的なこと以外にも、
余分な費用を払わなくて済む方法、葬儀事情を知り尽くした葬儀社のノウハウなどを知っていると、
葬儀費用を随分抑える事ができるでしょう。

今回、葬儀費用を抑えるポイント、わかりやすいお通夜、葬儀の出し方、良い葬儀社の選び方、
葬儀社との打ち合わせの仕方などを、パソコンですぐに見ることのできるマニュアルとして執筆しました。

その内容の一部をご覧下さい。

check わかりやすいお通夜・葬儀の行い方詳細

今までわかりづらかった葬儀の行い方がこれで良くわかります。
それぞれの段階でのポイント、喪家として行うことなどをお伝えします。
一般葬、家族葬について。

check 葬儀社との上手な打ち合わせ方法とは?

葬儀社との打ち合わせでどのような葬儀になるかが決まります。
どのような点に気をつけて打ち合わせを行うのか、何をどのように決めれば良いのかをお伝えします。

check 葬儀費用を抑える方法

通常なかなか難しい葬儀費用を抑える方法を、葬儀のプロの視点からお伝えします。
お布施、葬儀場代、料理、祭壇、お礼などで余計にかかっていた費用を抑える方法。
喪家が行うことで抑えられる費用など

check 申請すると貰えるお金 = つまり申請しないと貰えないお金

申請するともらえる費用があります。
もれなく申請しないと、通知も来ませんので、これを知るだけで大きく得をします。

check 宗教者へのお礼(お布施)、戒名について

非常に曖昧な宗教者へのお礼について。
どのタイミングで出すのか。
具体的に聞いても「お心のままに」などと言われるが、いくらぐらいが妥当なのか?
戒名について、金額の平均、気をつけるべき注意点など

check 喪家、喪主として何を行うのか?接待の仕方など

喪家、喪主として、何を行うのか?
お通夜や送別式でどのような振る舞いをしたら良いか?
接待の仕方、僧侶への心遣いなど

check 良い葬儀社の見分け方

良い葬儀社とは?
急いでいる時でも、どの点を見れば良いか。
電話での“良い葬儀社か判断できる会話のやりとり”例や、
インターネットで良心的な葬儀社を選ぶ6つのポイントなど

check 諸手続きについて。書類の出し方など。

煩雑な諸手続きについて、どの様な書類をどこに出せば良いか。

check 葬儀の種類を決める目安。それぞれの特徴、メリット、デメリット

check 参列者の人数を予測するコツ

check 心づけ、お手伝をしてくれた方へのお礼について

check 納骨、法要、費用の清算について

check QA集

葬儀に関するQA集。
葬儀費用を故人の口座から捻出したいのですが?
通夜が始まる前に来た弔問客はどう対応したら良いですか?
祭壇の料金が非常に高いので、抑える方法はありませんか?
弔電の読む順番は?
・・・

などをできるだけ分かりやすく記載しました。

葬式・葬儀費用を抑えた上手な葬儀の出し方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする